うつ病体験記①

こんにちは。watcherです。
今回のテーマは「うつ病」です。私は新卒1年目にうつ病と診断されました。人生のどん底を経験しましたが、そこから自分のこれからの生き方を見い出し、現在は心豊かに生活しております。なぜうつ病になってしまったのか、そしてどうやって立ち直ったのか、書き連ねていきたいと思います。

カワラヒワ(北海道某所)

コロナでねじ曲がった価値観

以前に自己紹介でもお話ししましたが、私は幼少期からずっと生き物が好きで、大学でも研究三昧でした。小中学生の頃に、博物館の学芸員から自由研究の添削を受けた思い出がずっと残っていて、将来は私も学芸員になりたいと思っていました。資格の勉強と研究を両立させて、自分なりに一生懸命頑張っていました。ですが...新型コロナウイルス感染拡大、緊急事態宣言の発令、世間を飲み込んだ出来事が、私の就職活動を大きく狂わせました。
あらゆる施設が閉鎖され、再開の目途も立たない。そんな状況で学芸員の求人も、環境系の求人も、「ここで働きたい」と思う場所は1つもありませんでした。大学院に行くお金の余裕もなく、将来の予定も全く想像がつきませんでした。それでも公務員や研究施設の事務員なら少しは博物館や研究者の方々に関われるかもしれないと思い、大学3年の3月にようやく本格的に就職活動を始めました。いつの間にか私の夢は消え、「事務員になること」が目標として置き換わっていました。

お祈りメールの先に

「今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。」あぁ...この文章を何回見たでしょうね(笑)。始めた時期は遅かったのですが、毎日4時間睡眠でES、Webテスト対策、面接対策を続け、ほとんどの企業で1次試験までは通過できました。が、2次面接で深堀されるとボロがでてしまい、全滅かと思われましたが、どうにか1社だけ最終面接まで進むことができました。さらに気合を入れて対策を重ね、ついに内定を得ることができました。夏休み前最後の、授業終わりのことでした。
私は大学職員になることができました。内定後は研修を受けたり、卒論をまとめたりしました。もちろん、大学最後の期間をしっかりと謳歌しました(笑)。あの頃は本当に楽しかったですね。彼女とお付き合いし始めたのもこの頃です。「がんばって稼いで、良い暮らしがしたい!」期待を胸に4月を迎えました。
(つづく)