雨あがりは外に出よう ~クロツグミとの出会い~

こんにちは。watcherです。
梅雨が近づいてきましたので、雨にまつわるタイトルで書きたいと思います。雨あがりの野鳥観察はとても良いものです。葉っぱの上の雨粒に太陽が反射してキラキラと輝き、暗い森に光が差し込み、動物たちが嬉々として走り回る、そんな光景を見ることができます。

クロツグミ(北海道某所)

今回撮影することのできたクロツグミも、なんとなくですが嬉しそうに見えました。地面から出てきた昆虫を食べていたようです。

私はどうしても「雨」と聞くとマイナスイメージが湧いてしまいます。近年では気候変動の影響からか豪雨も多くなっていますね。外出時は雨具がかさばり、いつもより道路は渋滞してしまいます。といって屋内で過ごすにもやることがない...以前はそんな感じでした。ですが、晴れの日はなるべく散歩に出かけて、しっかりと外の空気を吸って、雨の日は家の中をきれいにしたり、調べ物をしたり、少し凝った料理を作ってみたり...その日その日に良さがあるんだなと実感できるようになりました。

もうすこし飛躍すると、人生においても同じだと思います。雨の日もあれば晴れの日もある、でもその時々の自分にしかできないことがあって、その積み重ねが個々の人生をつくりあげていくのだと思います。私自身、自己嫌悪に陥り、辛くなってしまった過去があります。ですが、それもまた一興。今では自分を顧みる良い機会だったと思っています。

雨あがりは外に出よう。
その先には、きっと良い未来が待っています。